仲津の創作覚書

最近小説らしきものを書き始めたシニアもの書きの徒然。チラシの裏的なたわごとです。

仲津麻子のカクヨム掲載作品一覧

web投稿サイト「カクヨム」に掲載している作品の一覧です。

仲津麻子(@kukiha) - カクヨム

 

●ショートショートガーデン掲載作品一覧はこちらです。

あさこのショートショートガーデン掲載作品一覧

 

麻子のひとひら小説集

メルヘン、ファンタジー、ホラー、現代ドラマなど、ほのぼのあり、不思な話ありのSSアラカルト。  200字から400字で書いたショートショートストーリー集です。 ショートショートガーデン(SSG)で先行公開したものを、不定期更新しています。

2022年5月 日公開・未公開・短編集・その他

悪趣味な晩餐

仕事がうまくいかなくて疲れ切った男が、迷い込んだ不思議な館で饗された料理は、衝撃的なものだった。 

料理研究家リュウジ×角川食堂×カクヨム グルメ小説コンテスト応募作品でした。

2022年2月28日公開・完結・短編・ホラー

悪趣味な晩餐(仲津麻子) - カクヨム

母さんの味マカロニサラダ

太一と洋二、木村家の兄弟は、母の手料理を当たり前のようにして食べていた。 それが、いつまでも続くと思い込んでいた。 ある日、それが突然失われてしまったら…… 

料理研究家リュウジ×角川食堂×カクヨム グルメ小説コンテスト応募作品でした。

2022年2月25日公開・完結・短編・現代ドラマ

母さんの味マカロニサラダ(仲津麻子) - カクヨム

黄金色のムーンサッカー

美祢子(みねこ)は、バスに乗って伯母さんの家へお遣いにでかけた。そこで出会った灰猫(はいねこ)に導かれて行ったのは、不思議な猫の集会だった。スーパー猫の日記念投稿

2022年2月22日公開・完結・短編・童話

黄金色のムーンサッカー(仲津麻子) - カクヨム

ダンジョン町タウルの小さな食堂

八穂《やほ》が、エリーネルの世界に飛ばされて来てから、三年。
新しいダンジョン町タウルに店を構えてからは、二年になる。
彼女の小さな店「ほのぼの食堂」は、冒険者たちに親しまれて順調だった。

第6話まで、料理研究家リュウジ×角川食堂×カクヨム グルメ小説コンテスト応募作品でした。
2022年2月15日公開・連載中・短編集・異世界FT 

ダンジョン町タウルの小さな食堂(仲津麻子) - カクヨム

森の王と魔女 ~領主に蹂躙された恋人たち

 ネフェル国、フォルム領のとある小さな農村。 結婚式前日、花嫁のミリアのもとに、領主ボルゴ・ダスクルから迎えの馬車が来た。戸惑うミリア、恋人のアルフは、阻止しようと、領主の兵たちに向かって行った。

2022年3月16日公開 完結・中編・異世界FT

森の王と魔女 ~領主に蹂躙された恋人たち(仲津麻子) - カクヨム

仲津スケッチ2022

徒然に描く身の回りのこと、猫、本、創作のことなど、不定期でお送りするエッセイ 。

2022年1月1日公開・連載中・エッセイ

仲津スケッチ2022(仲津麻子) - カクヨム

鉄条網

夢の中で、私はいつも、ここに来ていた。トゲトゲの鋭い爪を編んだような鉄の柵の前に。 それが何時からだったのかわからない、何のためなのかもわからなかった。 

2022年1月13日公開・完結・短編・ホラー

鉄条網(仲津麻子) - カクヨム

サイレントナイト

クリスマスイブ。帰宅途中に大学の同期生と偶然隣り合わせる。その時、昔のわだかまりが少しだけ溶けるだろうか?  

2021年12月20日公開・完結・短編・現代ドラマ

サイレントナイト(仲津麻子) - カクヨム

床の間の姫君

帰宅したら、我が家の床の間に座っていたのは? 減ったお腹を満たせば微笑みが浮かぶ。 『「赤いきつね」「緑のたぬき」幸せしみるショートストーリーコンテスト』への応募した作品でした。 

2021年12月10日公開・完結・短編・現代ドラマ

床の間の姫君(仲津麻子) - カクヨム

詩集Fantasia

とある方が「抽象詩」と評してくれました。昔、自費出版した詩集の復刻カクヨム版。タロット、カバラ、魔法など、オカルト、ファンタジー関連書物の影響が強い内容です。 

2021年11月18日公開・完結・詩

詩集 Fantasia(仲津麻子) - カクヨム

加見の森の夕焼け

加見ノ森《かみのもり》と森守神社《もりかみじんじゃ》に護られた小さな村に住む娘、シズは、自然の声を聞き、人が見えない物が見える不思議な娘だった。 

2021年11月04日公開・完結・短編・その他(ファンタジー)

加見ノ森《かみのもり》の夕焼け(仲津麻子) - カクヨム