仲津の創作覚書

最近小説らしきものを書き始めたシニアもの書きの徒然。チラシの裏的なたわごとです。

エッセイ第8話をアップしました

今日は、エッセイ『仲津スケッチ2022』の、第8話をカクヨムにアップしました。

今回は、猫を迎えた時の話です。

f:id:kukiha-na:20220127234635p:plain

猫を語らせたら止まらなくなるので、一回では終わりませんでした。

続はまた次回ということに。

kakuyomu.jp

エッセイといっても、思いついたことを、つらつら書いているので、ブログ記事とあまり変わりませんけれど。

小説はなかなか更新ができませんが、エッセイなら一話ごとにアップできる上に、読んでくださる方の反応も、すぐ感じられます。

私の作品は、ランキングでも底辺なので、たくさんの読者はいませんけれど、それでも、一人だけで書いているよりは、楽しいと思います。

新しく書いている小説『森の王と魔女』は、現在第6話まで書いています。予定では10話~15話の間にはまとまる予定です。▶仲津麻子の作品一覧 - 仲津の創作ブログ

web小説の場合、字数で計算するので、まだ馴れません。原稿用紙世代なもので。

スマホで読む方もいるので、1話あたり2000~3000字くらいが読みやすいらしいです。原稿用紙5~7枚くらいですね。

私はそれよりも少なくて、1話、1500~2000弱くらいになることが多いです。原稿用紙3~4枚。

描き癖なのか、ちょうどそれくらいのタイミングで、場面の切り替えになることが多いので、自然とそうなるようです。